札幌の肩こりを治療したいという人のための専門サイトです。

札幌肩こり治療相談
http://katakori-sapporo.com

肩こりを治したい、治療したい。という場合一般的には
クイックマッサージや整体などのマッサージ店に行く方が多いようです。

ですが、一番ベストな肩こりを最短期間で治療する方法は整骨院に行くことです。

整骨院は保険適用可能な治療を扱う場所ですので、相応の治療器具を取り揃えています。

外部からマッサージして刺激するだけでなく電気的な刺激で緊張状態のままになってしまったコリを取り除くことも可能です。

肩こりは、その原因となっている日常の姿勢改善なども必要となってくるため
マッサージ店で揉んでもらって「一時的に楽になった気がする。」ということを繰り返すのが
一番、お金も時間もムダにしてしまう行為だそうです。

サイトに掲載用の動画もサポートしております。

SEO対策に関してコンサルタントより

本サイトは12月中旬に設置され、内容を入れ始めたのは年末〜年始にかけてです。

ターゲットと成るキーワードを「肩こり×札幌」に絞っているため、予定通り事例などの記事を入れていただければ3ヶ月程度で上位表示可能な見込です。

本記事を掲載している2017/01/19現在では、1/5にBingで30位のランクインが計測され、01/19の時点で20位にランクインしています。

予定通り記事を一定のペースで公開していただくことでGoolge、Yahooで近日上位表示が計測されると思われます。

Googleが公開している検索キーワードに対する広告出稿は以下のようになっております

キーワード(関連性の高い順) 月間平均検索ボリューム 競合性 推奨入札単価
札幌 肩こり 210 ¥122
肩こり 札幌 140 ¥130
肩こり 治療 札幌 10 ¥133
札幌 肩こり 治療 10

競合性が高く、各キーワードで100円以上の入札がされているので、ビジネス的にも採算を合わせやすいキワードだと判断できます。

仮にSEOで1位になった場合、最低でも上記のような有力なキーワードで検索している見込み客が毎日10人以上はサイトに訪問することになりますので
10人×120円×30日と計算すると、1位になった場合のメリットは36000円が浮くことになります。

この手の地域密着ビジネスのSEOキーワードは問い合わせ、反響、コンバージョンになる確立が20〜30%出る場合もありますので、100アクセス中20人の問い合わせがとれるということになります。

上記以外にも集患、問い合わせになるキーワードはいくらでもありますので、このサイトだけでも2日に1人、1日に1人の集客を見込むことが可能です。

集客できる記事の作り方のノウハウの一部を公開

記事タイトルをテンプレートとして考えるなら
「○○を札幌の整骨院で治療事例」 ○○には検索需要のある単語、お客さんが検索しそうな悩みの単語、治療したい症例を入れるという感じです。

他に「Yahoo知恵袋」で
http://chiebukuro.search.yahoo.co.jp/search?fr=common-navi&p=%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2&class=1&flg=1&ei=UTF-8
のページをご覧いただくと、実際に「整骨院」とか「**治療」に関連した記事が何個も出てきます。

これをお客さんに見立てて

Q:知恵袋の質問内容を参考に似たような質問を仮想のお客さんの質問として作成
A:あなたの回答

という風に記事を作って週2本程度を目安に入れていただくとよいです。

 

特に問題、症状、治療内容別のサイトの場合、下記の構成を参考にして「お客さんに向かってカウンセリングするときに話している風景を文章化」したような書き方をしていただくと成約率が高いページになります。

ステップ1:問題提起

「△△でお困りではございませんか?」
と言った感じでお客が潜在的に困っていること
苦労していること、不便に感じていること
を明確にして問題を気づいてもらう

ステップ2:問題を自覚してもらい解決したほうが良い。と認識してもらう

「△△でストレスを感じますよね」
「××な時、頭が痛くなりますよね」
など問題をビジュアルでイメージできるような感じで伝える

ステップ3:解決策の提示と証拠

「あなたの悩みは○○を利用すれば簡単に解決できます。なぜなら、その証拠は○○という感じであるからです」
と自社の商品やサービスがお客さんの問題を解決できることとその証拠を伝える

ステップ4:今行動しなければならない理由

いつでも購入できるものではない限定感を伝えて緊急性を作ります

ステップ5:行動

「今すぐ○○まで電話してください」
と具体的に起こしてほしい行動を伝える

という感じの構成です