東京都内、神奈川県をメインに、軽鉄、軽天、ボード工事、GL工法の工事を取り扱われている菊池工業様のホームページです。

東京軽鉄工事.com
http://tokyo-keitetu.com/

今回のサイトは東京都内の工事の受注を目的としたサイトです。

実務的には
マンションの天井・壁工事、店舗の新設・現状復帰工事内装工事は20年以上のキャリアをお持ちですので、意匠にこだわった設計デザインの再現など技術的に難易度の高い工事にも積極的に対応されているそうです。

またGL工法に関しては、もともと創業時からGL工法をメインで扱われていたそうで、関東圏内でもトップクラスの技術力があるそうです。

検索順位とSEO

本サイトは東京をメインにしたキーワードで
ライバルサイト数が90万件以上。
比較的、短期間で上位表示させるには難易度が高い可能性があるキーワードです。

ドメインの設置とサイトのベースを公開したのが2016年12月です。

1月に入った時点で検索順位が付きはじめて2月1週目の時点、実質サイト公開して1ヶ月で2ページ目に表示され順位が推移しています。

新しいサイトは、ページ数、記事数、各ページと記事内の文字数が一定量を満たした状態で半年程度定期的な更新を行っていれば上位で安定するようになります。

また、この程度の検索ボリュームの場合は被リンク対策が無いと完全に安定した上位表示は難しいと思いますが、菊池工業様は自社で他のサイトも持たれていることと、今後求人などを目的にした特殊サイトの制作にも着手していくことになりますので、そちらでリンク構築を行っていけば安定した上位表示がされるようになります。

今後安定して反響が取れる売れるサイトにするための対応とは

価格で比較されるよりも技術的に安心して発注できそうな会社だ。と認識してもらうために、技術情報や事例などを充実させることが優先事項になります。

そのために行うことは
・事例記事の追加
・Youtubeの動画を使った技術や部材の解説ビデオ
を一定量公開すれば十分に反響が取れるようになります。

また、専門サイトを作ることで、アナログな営業面に活用することもできます。
この具体的なノウハウや方法についてはここでは公開できないのですが
ネットだけの営業集客を当てにするよりも、アナログな営業力を少しだけ足すことで
劇的に新規開拓が楽になります。

アナログな営業については、BtoBかBtoCか、また商材の単価やリピート性などによって
方法論は変わってきます。

BtoBに限って言えば、今一番ホットな方法はFAXの活用です。

今回の菊池工業様の業界はいわゆる建築関連事業になりますので
未だにFAXが多用されています。

つまり、確実に到達して見られる。ということです。

FAXで売り売りの広告を送れば速攻でゴミ箱に捨てられることになりますが
ある書き方を利用すれば簡単に見てもらえる方法が作れます。

FAXを見てもらう→今回制作したホームページを見てもらう→連絡してもらう

という集客導線を追加すると、同業者には見えないところから集客できるようになります。

ということで、集客や会社の利益のためにホームページを制作したいとお考えの方は
ご相談いただければ、その場で高い精度の集客導線を組み立ててプレゼントしますので
ご希望の方はご連絡ください。

サイト公開完了後1週間で最初の問い合わせが発生

以下2017/02/17に更新

本サイトは上記の通り、制作公開が完了した時点である程度上位表示がされている状況でした。

公開後2月8日には初回の問い合わせが発生しました。

その後、2月16日までの間に新規の問い合わせが別途電話などで数件入っている状況です。

今回のサイトは、キーワードや商材の関係でライバルとなるホームページが少ないため、短期間で上位表示ができて、更に問い合わせにつながっています。

ですが、ただホームページがあればOKというわけではなく、Youtubeの動画活用やスタッフの写真を掲載するなど、心理的に問い合わせがしやすいような工夫をしてあるため今回のように問い合わせが発生するまでスムーズに進みました。

受注力や、問い合わせの質を上げていくためには、今後、工事の事例掲載を充実させたり、技術的な情報などをブログ形式で追加しておくことで、質の良い相談や問い合わせが取れるようになっていくでしょう。

引き続き、協力業者の募集ページなどの追加を予定していますので、追って経過を記載できればと思います。