今月11月は制作着手枠は2016/11/04現在以下のとおりです。

スピードプラン 残り2件
標準プラン 今月着手分の受付は終了しました
12月以降の着手は可能です

1月以降、4月以降に向けたプロモーションがスタートし始めています。

後手、後手にならないよう、ホームページを使った集客は早めに着手し、Googleで検索に引っかかるように早めに手を打つようにしてください。

 

今月のビジネスコラム

ホームページを使ってSEOで上位表示したサイトから集客する場合に重要な考え方は
「俺が集客したい」というあなたの都合は一度捨てるようにしてください。

「私が知りたい」「私が欲しい」という見込み客の感情だけを考えることです。

ホームページで集客できるのは、自分でスマホやパソコンを使って、Googleの検索ボックスに「○○ □□」[検索]という感じで、自分から能動的に検索して調べようとしている人だけです。

調べようとも思っていない、悩みもない人を集めることはできないので、そういう人はアナログなイベントやチラシから連れてくる必要があります。

ホームページで「俺が」という部分を捨てることが出来たクライアントは、恐ろしいほどネットで集客できる体質が手にはいります。

ネットで集客しなくても良い。という場合は、スピードプランでサクッとホームページを作っていただければ良いのですが、何かしらの形で効果が欲しい。という場合には必須の考え方になります。

 

ちなみに、最近「人手不足」「人材難」ということが言われていますが、求人もホームページを利用することで応募者を増やしたり、応募してくる人材の質を高めることが可能です。

商品のアピールをして、買いたい人を集めるのが一般的なホームページの使い方ですが
会社をアピールして、就職したい人を集めるのもホームページにさせることが出来ます。

 

求人といえば会社が雇用する条件「スペック」しか書かれていない状況で、求職者からすれば「どこの会社も同じに見える」という状況です。

ですのでホームページで「私の会社に就職することで得られるメリット、手に入るスキル、未来の像」などを提示してプレゼンテーションすることができれば

「ぜひ御社で働かせていただきたいのですが」という自発的な採用面接応募者を集めることができます。

とりあえず、応募してみました。という感じで、やる気や意欲のイマイチに感じる求職者からの採用応募は、実はあなたの会社のホームページに原因があるかもしれませんよ。

一度、仕事を探している人の目線で、あなたのホームページを見直してみてください。